marriage concierge

  • メールで無料相談
  • 入会に関するご相談
  • facebook
  • Twitter

TEL

  • TOP
  • 初めての方へ
  • ご成婚までの流れ
  • サービス内容・料金
  • ブログ
  • お知らせ
  • 成婚例
  • アクセス

BLOG

HOME > BLOG > My Way

My Way

2018.10.26

東京港区にある体育会系に強い

結婚相談所marriage conciergeです。

 

 

金曜日です。

一週間お疲れ様でした。

 

 

秋も深まり、いよいよ冬支度となります。

天気予報によると11月は、平年並みか

少々気温が高い・・・

温かいような事も言っておりました。

 

 

人生には幾つかのターニングポイントが

あると思いますが、学生たちの受験も

そのうちの一つ。

 

 

どこの学校に行くか。

何をしにいくのか。

何をやりたいのか。

やりたい事をみつけにいくのか。

 

小欄には2人の愚息がおりますが、

最終的な決断、判断は、常に本人に

任せております。

 

 

何も判断材料を渡さず

“どうする?”

“自分で決めろ!”

は、親として無責任と思いますが、

ある程度の方向性を示し、導き、

幾つか(何種類か)のレール(進路)を見せ、

そのレール(進路)は自分で敷かせ、

自分で走り、自分でゴールさせるように

しています。

 

 

親がレール(進路)を敷く(決める)ことも

あると思います。

別に悪くは無いと思います。

「あなたはこのレール(進路)の上を行きなさい」

 

よくあることだと思います。

 

小欄、個人的には、親が全てやってしまう事、

即ち、親がレールを敷き、走る方向も定め、

進むスピードを指示し、幾つかある分岐点も

親の言うとおりに分岐させ、ゴールまで寄り添う?

付き添う?そんな人生の進め方は、如何なものか?

と思ってしまいます。

 

確かに、親の言う事を聞いていれば決して

間違った方向には行かないと思いますが、

いざ、自分自身で判断・決断しなければ

いけないとき、“判断する”、“決断する”

という、経験値が乏しく、困ってしまうと思います。

 

 

20、30、40歳になっても、場合によっては

50、60歳になっても、年老いた両親に

お伺いをたてないと、前に進むことができない。

そんな輩になってしまうのでは?と懸念します。

 

 

どのレールを選び、どのように進み

どこへ向かうのか?

 

 

失敗するのも、成功するのも

自分の努力次第。

 

 

小欄が尊敬する二人の創業者は

以下のように話しています。

 

 

途中でやめるから失敗する。

成功するまで、やり続ければ失敗はしない。

やり続けている間は失敗ではない。・・・と。

 

確かに・・・   ^_^;

 

 

判断しなければいけないとき、

決断しなければいけないとき、

 

“あえて難路を選びなさい”

 

とのことです。

 

みなさま、どうぞ、良い週末を

お過ごしください。   m_ _m

 

 

 

 

入会に関するご相談

入会相談に申し込む

資料請求

資料請求をする

メディア掲載

PAGETOP