marriage concierge

  • メールで無料相談
  • 入会に関するご相談
  • facebook
  • Twitter

TEL

  • TOP
  • 初めての方へ
  • ご成婚までの流れ
  • サービス内容・料金
  • ブログ
  • お知らせ
  • 成婚例
  • アクセス

BLOG

HOME > BLOG > 酷い話です。

酷い話です。

2019.01.30

毎度の事かも知れませんが、

酷いニュースがテレビから流れてきます。

 

10才の少女が、父親に首付近を

わしづかみにされ、冷水シャワーを

かけられるなど暴行を受け、死亡した虐待事件。

 

 

あまりにも痛々しい事件となりました。

 

 

 

昨年3月に5歳の少女が

「ママお願い 許して」

「もうパパとママにいわれなくても

しっかりとじぶんから きょうよりか

もっと あしたはできるようにするから」

と手紙に綴りながら虐待され死亡した

事件を思い出しました。

 

 

5才や10才という幼い子どもが、虐待を受け

死亡するニュースは、目にも耳にもしたくない。

そう強く思います。  >_<

 

 

 

それはそうと、親が自分の子どもを

殺めるとは・・・

 

 

なんとも言い難い、やるせない事件です。

 

 

 

少し遡り、昨年11月には学校でイジメにあう

少女が母親と無理心中して、この世を去った。

という事件もありました。

 

あまりにも悲惨な出来事で、無くなった親子と

親族を思うと心が痛みます。

 

 

親子は、学校にイジメを受けている事を

相談しても、学校側の対応がなされずに、

思い悩んだ挙句、母親は子どもと死を選んだ。

と言う話しです。

 

 

「いじめられて なにもいいことないよ

しにたいよ  しにたいよ」

と、この子は記し、母親と一緒に亡くなりました。

 

 

明らかに  “人災”  です。

 

 

亡(無)くならなくてもいい “命” が

人の手によって殺められたのです。

 

 

このような事が多い・・・

とは言いたくないのですが、

幼児虐待数は平成29年度13万件を超え

27年連続で増加しているそうです。

 

 

同じく、平成29年度に小中高校で

認知されたイジメの件数は前年度から

9万件増え、41万件を突破しています。

 

 

幼児虐待も学校でのイジメも毎年、

増え続けてきている事が解ります。

 

この件数は、あくまでも“認知”されている数。

認知されていない件数も含めたら

もっと多数になるんだと思います。

 

 

「対岸の火事」

 

 

では無くなってきたと思います。

 

 

小欄には2人の愚息がおります。

今年成人となった大学生の長男と、

この4月から高校生となる次男です。

 

この2人に共通していることは、

2人ともラグビーを通じて心身を鍛えている。

と言うことです。

 

 

 

ある程度の苦境や逆境でも

順応できるように、また、適時適切な言動が

取れるように、ラグビーと言うスポーツが

2人の息子を育ててくれています。

 

 

そんな愚息2人にも、小学や中学の時に

友人関係の縺(もつ)れや、言った・言わない、

した・してない・・・等と、イジメだったのか

そうでないのかまでは解りませんが、

辛い思いをしていた時期がありました。

 

 

妻と小欄、愚息で毎日学校での出来事や

話しを聞き、愚息の話し方や、立ち振る舞いが

悪ければ指摘し、言い聞かせ、是正させ、

また逆に、その友人の言動が悪ければ、

どうしてそうなったのか、親子で考え

反面教師として学び、以降の対策を話し合う。

 

そんな風にして、家庭内でコミュニケーションを

取ってきました。

 

 

 

そして更に小欄から2人の愚息に

共通して、教え伝えていた言葉があります。

 

 

『 群れない強さ 』

 

 

どうしても、子どもにとっては

友人が大切で一番な存在です。

 

友人と協調性をもって社交的に過ごす事が

極めて大切である事も十分解りますし、

小欄自身そうでありました。

 

 

でもしかし、時に、いや、意外と多くの場面で

『群れない強さ』を実践しなければならないとき

があります。

 

それは社会人になってからも同じだと思います。

 

時に長いものに巻かれる時や

強いものに「媚を売る」事もあると思います。

 

が、しかし、心(芯)では、「何が正しく」、

「どうすべきか」を確りと理解しておきながら、

その “正しく愚直で謙虚” な言動を控え、

“時を待つ” ・・・。

と言う時も必ずあると考えています。

 

^_^;

 

 

『群れない強さ』とは・・・

次回、チャンスがあれば具体的に

お話しさせていただきます。

チャンスがあれば・・・です。  笑

 

 

虐待もイジメもパワハラもセクハラも・・・

共通しているのは、人が人を傷つけている。

と言うこと。 T_T

 

無くせる筈ですが、無くせない・・・。

>_<

 

 

 

学生時代から今もなお、群れて群れて

群れまくっているマリッジ コンシェルジュ

あらかわでした。

>_<;

 

入会に関するご相談

入会相談に申し込む

資料請求

資料請求をする

メディア掲載

PAGETOP