marriage concierge

  • メールで無料相談
  • 入会に関するご相談
  • facebook
  • Twitter

TEL

  • TOP
  • 初めての方へ
  • ご成婚までの流れ
  • サービス内容・料金
  • ブログ
  • お知らせ
  • 成婚例
  • アクセス

BLOG

HOME > BLOG > 師走

師走

2018.12.04

東京港区にある体育会系に強い

結婚相談所marriage conciergeです。

 

 

いよいよ師走に入りました。

 

 

なのに・・・温かいです。 ^^;

 

 

イチゴの収穫が2週間ほど早くなり

クリスマス時期にイチゴが出荷できるか・・・

と、イチゴ農家が心配しているそうです。

 

 

更に深刻なのは  “スキー場”

 

 

例年であれば、既に滑りだしているのに

未だコースには、芝や土が見えており、

オープンの目処がたっていないとのことです。

 

 

 

そして “冬の風物詩”  “大学ラグビー”

 

 

こちらも非常に “熱く” なってきています。

 

 

大学選手権10連覇を目指す帝京大学。

100周年のメモリアル記念イヤーの早稲田大学。

覇者帝京大学に、唯一土をつけた明治大学。

その明治大学に勝っている慶應大学。

 

東海大学や大東文化大学、更には

関西の雄、天理大学のトンガパワーも

脅威であり、今年の大学ラグビー選手権は

混戦で見所がいっぱいです。

 

12月22日、 そして1月2日は

外苑前にある秩父宮ラグビー場に

観戦にでも行こう!と考えております。

 

^_^v

 

 

 

早いもので今年も残り1ヶ月を切りました。

 

平成最後のクリスマス・年末年始です。

 

皆様が素敵な時を過ごされる事を

心よりお祈り申し上げます。

 

 

m_ _m

 

 

 

最後に・・・

 

昨日、マラソンブームの中国で面白い

不正がニュースが取り上げられていました。

 

 

マラソンコース内の茂みを潜りぬけ、

近道しようとショートカットしたり、

ゼッケンを偽造して、替え玉出場したり、

挙句の果てには、自転車でコースを走行したり・・・

 

これ、マラソンじゃねぇ~じゃん。と・・・ -0-

 

 

実に面白い。。。

 

 

 

先月18日、中国で行われたマラソン大会で、

アフリカの選手とTOP争いのデッドヒートを

繰り広げている最中に、ボランティア中国人が

そのTOP争いをしている中国選手に国旗を

無理やり手渡しましたが、雨で濡れ国旗が重い。

と投げ捨てた中国選手が

“国旗を投げ捨てるとは如何なものか”

と多くの批判を浴びせられているみたいです。

 

 

 

その動画を小欄は見ましたが、、、

 

 

 

この中国選手、可愛そうでした・・・。

 

 

 

まさにアフリカ・中国の両選手2名で

TOP争いをしている真っ只中に

片手で持つには持ち難く、

持ちながら走るには、明らかに

不適切な “重い国旗” を渡されるとは・・・

 

>_<

 

 

災難としか言い表せません。

 

 

 

“国(国旗)より金か!?”

“国旗は国の象徴”

“どんな時も、国を優先すべき”

 

云々・・・

 

 

言わずと知れていますが、

国旗を手渡した中国の人も、

国旗を投げ捨てた事を批判した中国の方も、

勿論、この中国人マラソンランナーも、

 

皆さんが中国を愛し、この(中国人)選手に

勝ってもらいたい!勝ちたい!と言う想いは

一緒だったと思います。

 

 

想いは一緒なのに、その立ち振る舞いは

まさに “正反対” です。

 

 

心身ともに極限状態にあるレースの

真っ只中に割って入って

 

“国旗をもって!” って・・・

 

これ自体、この中国選手への走行妨害です。

違う言い方でいえば、アフリカ選手に勝たせる

ための行為?

 

 

そういっても言い過ぎでは無いと思います。

 

 

 

しかしまぁ~、“マラソン大会に少しでも早く走ろう

と近道”したり、“ゼッケン偽造”したり、“マラソンなのに

自転車”で走行したり・・・

優勝争いしている真っ只中の選手に捨てるに

捨て難い “重い国旗” を持たせようとする

輩がいたり・・・

 

 

 

実に面白い・・・。  ^_^;

 

 

 

 

いいじゃん! モラルもマナーも

ルールも無視して、やっちゃえば!

 

と、らしくない、投げやりな自分が居た事に

驚いてしまったマリッジ コンシェルジュ

あらかわでした。

 

 

入会に関するご相談

入会相談に申し込む

資料請求

資料請求をする

メディア掲載

PAGETOP