marriage concierge

  • メールで無料相談
  • 入会に関するご相談
  • facebook
  • Twitter

TEL

  • TOP
  • 初めての方へ
  • ご成婚までの流れ
  • サービス内容・料金
  • ブログ
  • お知らせ
  • 成婚例
  • アクセス

BLOG

HOME > BLOG > 二十歳の君に

二十歳の君に

2019.01.11

来週月曜は「成人の日」と言う事で

祝日となります。

 

各地では新成人を祝う式典が行われます。

毎年、その式典で新成人達が大暴れし、

時に犯罪に発展するまでに至り、

それを知ると一抹の不安を感じます。

 

成人年齢は各国によって違いますが

日本では民法上、二十歳で成人とされています。

 

婚姻であったり、近々では投票権など

それ以前に与え、認められている事もありますが

健康上の問題の観点から、飲酒・喫煙は

二十歳からとされています。

 

二十歳・・・ いわゆる大人です。

 

 

学校を卒業し就職している人もいれば、

学生の人もいると思います。

 

 

いずれも二十歳で大人になります。

 

今まで以上に “自由” に発言し、

行動し、大人の世界を楽しんで欲しい。

と、思うとともに “自由” には必ず

“責任” がセットになってくっついてくる。

と言う事を忘れないで欲しいと思います。

 

 

毎年2回、全国紙で新成人(1月第二月曜)と

新社会人(4月1日)向けに、伊集院 静さんの

コラム(サントリーウイスキーの広告)が

掲載されます。

 

このコラムを読むと、いつも心が洗われます。

 

大きく頷ける文脈、そして今一度、

新成人時代、更には新社会人時代の

気持ちに戻って頑張ろうと・・・。

 

 

明々後日の新聞が楽しみです。。。

 

 

 

元横綱 日馬富士がモンゴル後輩

力士に暴行した事件から1年以上経ちました。

 

元横綱 日馬富士は「時間が戻せるなら

あの時(暴行した)の夜に戻りたい」

 

「暴力でなく、理解できるまで

口で説明してあげられたらよかった。」

 

「申し訳ない気持ち」と後悔をにじませていました。

 

 

そんな横綱は母国モンゴルで日本の教育

思想を取り入れた学校を建設し開校したそうです。

 

 

母国を愛し、横綱まで上り詰め成長させてくれた

日本への愛の証と思慮します。

 

 

 

「人生の消しゴムってない。

振り向いて、それを消したいけど・・・」

「過ぎた事から学んで前に進んで

頑張って生きていきたい」と

前向きに語ったそうです。

 

 

非常に共感できますし、素晴らしいなと思います。

 

こういう指導者、教育者のもとで

学ぶ事ができる子どもは幸せだと思います。

 

 

小欄自身、元横綱 日馬富士の想い、

大変勉強になりました。

 

 

子どもに携わる、教育する、指導する・・・

とても大変で、大きな責任が伴います。

 

 

苦痛や苦悩が人を大きくさせ

苦境や逆境が大きな経験値を作り出し

成功へ導いていかれるのだと、

ベタな想いですが再認識しました。

 

心ある人が、心ある人を動かす。

心ある人は、心無い人をも動かす事が出来る。

 

しかし、心無い人は、人を動かす事は出来ない。

 

 

 

二十歳の君へ、新成人おめでとう!

 

 

 

 

入会に関するご相談

入会相談に申し込む

資料請求

資料請求をする

メディア掲載

PAGETOP